MOTO GP

YAMAHA MOTOBOT が更に進化してるようです。



2015年、YAMAHAは非常に元気でした。

MOTO GPをはじめとするレースシーンでの活躍、
魅力的な新モデルも続々登場しました。
(最後にR1の大リコールは痛かったですが。。。)

そんな2015年のYAMAHAの活躍において、
目立っていたのが東京モーターショーでのこのロボット!!

[blogcard url=”http://www.rock-tune.com/2015/10/28/3827″][/blogcard]

ロッシのライディングに勝つことを目標に掲げたバイク運転ロボット。

バイクそのものに改造を施すのではなく、
量産車のR1に乗れるというところが見ものです。
このロボットですが、先日のCES 2016によると、
更に進化しているとのことです。

2017年には約200km/hでのサーキット走行をさせる、と言っています。

開発のステージは東京モーターショーの時から完全に次のステージに移ったということです。

このロボットは元々磐田のYAMAHAだけでなく、
アメリカ シリコンバレーにある研究所が主導で進めているプロジェクトだそうです。
アップルやグーグルを生み出したシリコンバレー。

HONDAなんかもシリコンバレーに4輪がメインですが研究所を設けており、
ベンチャー企業と連携したり、自動運転の実現に向けた開発を急ピッチで進めています。

HONDA、YAMAHAだけではなくBMWもバイクのIT化には本腰です。

バイク、クルマの世界に久しぶりにイノベーションが巻き起こる日が近そうですね。

やはり2016年、楽しみです。


東京モーターショーガイド 2015―OFFICIAL


関連記事

  1. YAMAHAの本気を感じる3輪バイクTRICITY×大島優子
  2. HONDA CRF1000 L Africa twin(アフリカ…
  3. エンデューロ ってスゲー!!となる 映像 。
  4. BMW Intermot(ドイツバイクショー)で新モデル大量発表…
  5. Honda CBR500R がビッグモデルチェンジ!!
  6. Royal Enfield(ロイヤル エンフィールド) 750c…
  7. 2ストレーサー MMX500 マン島TT ライダーが決定!!
  8. BMW 新型HP2 予想スケッチ公開!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Googleイチオシ記事

友だち追加

Googleイチオシ記事

ツーリングしよう

PAGE TOP