DUCATI

MOTO GP 2017年よりウィングレット禁止決定!



特にDUCATIが火付け役となり、
最近時では各チーム積極的に使用するようになってきたウイングレット。

「空力は低速から変わる」と分かったようなコメントを出す一般ライダーや、
雑誌記者レベルでもそのような方がいますが、
是非ブラインドテストで車両チェックしてみてください。

開発エキスパートライダーでもレーシングライダーでも、
さすがに低速では空力パーツの効果は分かりにくいものです。

しかし速度が上がってくると話は別です。

空気ってなんとなく考えているよりも粘性があり、
パワーを持っています。

そのような意味でも非常に面白いであろうレーシングパーツのウイングレットですが、
2017年シーズンのMOTO GPでは禁止になります。

11ffad57aea3000a839147603862c04d

なぜかというとやはり安全性の問題です。

現在のレギュレーションでもウイングレットの端部を鋭利にしてはならない、
といったような事項はあります。

ただ転倒し、変形したウイングレットがライダーに刺さってしまうといった
最悪のシチュエーションも考えられないわけではありません。

安全性を考慮した今回の判断は私は賢明であると考えています。

少しずつでも良いので結果大きく変わっていかなければいけない。

それは2輪レースだけでなく、2輪社会全体にも言えることですよね。

情報ソース

※2017年シーズンのセパンテストではなんとYAMAHAが禁止されたウイングレットの効果を
カウリングの中にフィンを設けることで出そうとしています。

MOTO GPウイングレット禁止のYAMAHAの対策(記事はこちら)



2015MotoGP™MotoGP™クラス年間総集編 [DVD]


関連記事

  1. 2016モデルのKAWASAKI KX450Fが革新的モトクロッ…
  2. Hondaが開発中!? 新型バイク用エアバッグの3つの特徴!!
  3. SUZUKI GSX-R250/300 公開か!?
  4. MOTO GPウイングレット禁止のYAMAHAの対策
  5. HONDA RC213V-S (MOTO GP公道レプリカモデル…
  6. BMWがAlpinestasとエアバッグジャケット共同開発を発表…
  7. マルケス CIVIC type R に乗る。
  8. KTM フリーライドE 電動クロッサーを公開!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Googleイチオシ記事

友だち追加

Googleイチオシ記事

ツーリングしよう

PAGE TOP