Googleイチオシ記事


YAMAHA YZF-R6と言えば、
ここ近年様々な予想画像が公開されています。

最近デザインでも世界中のファンを魅了しているYAMAHAですから、
皆さん新型R6の動向が気になり、
特許等様々な情報から予想画像を作りあげるのでしょう。

今までモーターサイクルナビゲーターでも様々な予測画像を取り上げてきました。

まだ予測画像が色んな方向性でぶれていますが、
今回キャッチしたのはこちらの画像です。

2017-Yamaha-YZF-R6-fake

これまではエンジンが4気筒なのか3気筒なのかという議論が盛んでしたが、
ここ最近はデザインがまったく奇抜な物か、YZF-R1を踏襲したものか、
どちらなのか、という議論が多いです。

今回の予想画像では後者のR1デザインの踏襲パターンですね。

スーパースポーツのデザインというのは、
一般的にはトップに君臨する1000ccでメーカーイメージを発信し、
それ以下の排気量のモデルはそれを追従しながら個性を出していくという流れです。

しかしながら最近時HONDA CBR250RRのように1000ccをさておき、
250ccで斬新なデザインを打ち出してくるというケースもあります。

スーパースポーツのデザイン戦略が大きく変わりそうな気もします。

このような昨今の状況もあって、
R6のデザイン予想も大きく揺れ動いているのでしょう。

そろそろ性能的な部分も含めて、
予想が固まってきても良い時期かもしれません。

引き続きモーターサイクルナビゲーターでは動向を追いかけたいと思います。

情報ソース


ヤマハスポーツバイクのデザイン50年




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事