Googleイチオシ記事


直列4気筒のリッタースーパースポーツと言えば、
国産メーカーの独壇場だったわけですが、
その牙城に一石を投じたのがBMW S1000RRですよね。

国産車を良く研究して、
得意の電子デバイスをうまく組み合わせて、
魅力的なモデルをリリースしてきました。

CMだってなかなか魅力的♪

そんなBMW S1000RRですが、
大幅な改良が新型モデルから入るのではないかと見方があります。

それはカーボンフレームの採用です。

BMWはカーボンフレームのパテントを昨今積極的に出しているようで、
それが採用されるのはS1000RRが濃厚なのでは?と見ています。

フレームのカーボン化は当然考えられている技術潮流ではあります。

しかし実はコスト以外にも二輪ではメインフレームにカーボンを
使う難しさがあります。

ご存知の方も多いとは思いますが、
どのメーカーもMOTO GPではアルミ中実フレームを採用しています。

少し前までDUCATIがカーボンフレームに挑戦していましたが、
アルミフレームに変更しています。

4輪のようにパネル(面)を使って剛性を確保する手法は2輪のフレームでは使えませんし、
剛性そのものの考え方も2輪と4輪では異なります。

様々な考え方があるものの、
基本的には全方位高剛性が求められる4輪に対して、
2輪は直立状態で前後方向は高剛性、
横方向は剛性を上げすぎるとバンク中の接地感を失ったり、
チャタリングが発生しやすくなったりするということです。

ただ、絶対的な性能は高次元でしか認識しづらいですから、
我々一般ユーザーにとっては、
「カーボンフレームバイク」
という響きが嬉しいですよね笑

いずれにせよ、技術競争はメーカーにとっては大変でしょうけど、
ユーザーにとってはワクワクします。

次のBMW S1000RR非常に楽しみですよね。


宮城光 コーナリング3秒間のすべて (エイムック 2560)




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事