Googleイチオシ記事


世界のHONDAが誇る他社にはなかなか真似できない価値であった
MONKEY(モンキー)やAPE(エイプ)といったモデル。

一時期はモデルラインナップから消えてしまっていtましたが、
個々へ来て125cc化し、さらには世界展開モデルとして復活を遂げる見込みです。

パテントベースの画像がリークしています。

こちら。

hondamonkey3 hondamonkey4 hondamonkey5 hondamonkey8 hondamonkey9 hondamonkey10

旧型のMONKEY(モンキー)に対して、
APE(エイプ)のエッセンスを足したようなデザインですね。

LED化など新しい要素も取り込みつつ、
大幅に全体刷新してくることでしょう。

古き良きMONKEY(モンキー)を守りつつ、
世界中に誇れるジャパニース・キュートスモールであってほしいものです。

キュートがモンキーの役割だとすると、
カッコいい方のモデルも期待できるコンセプトが出てきているんですよね。

やはり小さいバイクには小さいバイクの良さがある。

是非全方位で盛り上がって欲しいものです。


バンコクを楽しみきろう!




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事