Googleイチオシ記事


HONDA CMX500 REBEL レブル 正式公開です!

まずはおしゃれなプロモーション映像をご覧ください。

Hondaのメーカー公式HPには以下のような記載があります。

主に北米において、
若い世代向けに開発したRebelシリーズのデザインコンセプトは
”SIMPLE(シンプル)” & “RAW(未加工の素材)”。

同一車体にて、排気量の異なるエンジンの搭載が可能なことで、
体格差や経験差にも対応しています。

Rebel 500は、471ccのDOHC直列2気筒エンジンを、
また、Rebel 300はRebel 500と基本的なプラットフォームを共通とし、
286ccのDOHC単気筒エンジンを搭載。

吸排気系、FIのセッティングの最適化により、
パルスフィールとスロットルを開ける楽しみを表現しました!

Rebel 500/300ともに、オプションのキット装備により、
パッセンジャーシートの装着が可能です。

日本国内ではRebel 500、そしてRebel 250として発売を計画しています。

日本市場もしっかり視野に入れたモデルであることが伺えます。

エンジンはREBEL500の方は471ccのDOHCパラレルツインエンジン。

REBEL300、日本では250ccにしますと言っているモデルは、
286ccの単気等エンジンを搭載しています。

いずれも新設計ではなく、
現行モデルのエンジンを低速トルクよりにリマッピングしたものでしょう。

基本シングルシートで、タンデムするためにオプションキットを装着すると言うのは、
なかなか今までのモデルには無い発想ですね。

恐らくカスタムベースモデルとしても人気を出したいHonda側の狙いもあるのでしょう。

カスタムベースなら良いんですが、
少し全体の構成部品に使いまわしてる感や安っぽさを感じてしまいます。

アメリカンモデルは最近時はハーレーが独占という感じでしたから、
このREBEL(レブル)で国産アメリカンモデルがうまく人気を出してくれると面白くなりそうですね。


RC30 HONDA VFR750R (ヤエスメディアムック355)




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事