Googleイチオシ記事


先日の東京モーターサイクルショーで生産終了を告げられたHonda モンキー。

生産終了が告げられる前から、
日本ではなく、東南アジアや欧米でモンキーの次期モデルが噂されていました。

それがこちら。

HONDA 新型 MONKEY(モンキー)は125cc!!
2016-09-21 00:52
// 世界のHONDAが誇る他社にはなかなか真似できない価値であったMONKEY(モンキー)やAPE(エイプ)といったモデル。一時期はモデルラインナップから消えて...

少しモンキーよりはエイプの要素が加わったようなデザインでした。

そして先日のタイのバンコクモーターショーでは、
以下のスポーツタイプのモデルが公開されました。

Honda 150SS 4ミニ コンセプトを公開!
2017-03-30 21:43
// 親日で日本企業も多く進出していることから、日本人にも人気の高いタイ。一度行けば分かるバイク王国であり、タイの人々は生活の道具として、また最近ではカス...

縦型エンジンで150ccということで、モンキーとは異なるサイズ感ではありますが、
4ミニクラスの新型モデルを予想させるコンセプトモデルですし、
デザインもキレイにまとまっており、
タイだけではなく、世界中で話題になりました。

そして今回のベトナムのモーターサイクルショーで、
明確にモンキーのコンセプトモデルが公開されたということです。

その画像がこちら!

今までのモンキーのスタイルをしっかりと踏襲しながら、
ディティールやカラーリングにこだわり、
かなり高級感を上げてきている印象です。

まだまだコンセプト段階であるのかもしれませんが、
良い意味で見慣れた現実味のあるデザインなので、
これは早くも復活が期待できるかもしれません。

また東南アジアでの生産になれば、
モデル自体の価格が安くなるということも期待できます。

もちろん国内生産ファンは少し失望するかもしれませんが、
モンキーの特性上、広く大衆に親しまれながら、
コアなファンにはとってはカスタムベース、というマシンでしょうから
リーズナブルになるのは賛成の課方も多いのではないでしょうか。

歴史のあるモデルですから是非復活して欲しいと思います。


4Lモンキー復活術 (モンキークルージン別冊)

コメントを残す

関連キーワード
  • MOTO2中上貴晶 18年よりLCR Honda(ホンダ)からMOTO GP参戦決定!
  • Honda(ホンダ)新型CBR250RR KABUKI(歌舞伎)特別仕様が登場!
  • ホンダ 新型VTRのデザイン予測が秀逸!
  • バイク女子 シンガーソング"ライダー" AYA1000RR!
  • Honda(ホンダ)新型GL1800(ゴールドウイング)の最新情報まとめ!
  • マルケスの速さの秘訣はこのトレーニングにあった!!
  • Hondaがシモンチェリを悼みCB1100をカスタムするとこーなる!
  • ラストモンキー!50周年スペシャルが500台限定販売
  • アメリカ白バイの驚きの訓練風景がこれだ!
  • マルケスとペドロサが芝刈り機でレースするとこーなる。
  • HondaがMOTO2エンジン供給終了。次はTriumphに決定。
  • 海外のカブ サーファー仕様がステキ!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。
KAWASAKI
// もちろん4気筒 200馬力! 即時レースに持ち込めるスペック! サーキットでNo1になるために作り上げた車両! ...