Googleイチオシ記事


水平対向エンジンのバイクといえば、
誰もが”BMW”と答えることでしょう。

BMWが打ち出している面白いコンセプトにも
ボクサーエンジンの面影が残っていることが多いです。

例えばBMWの電動バイクのコンセプト。

電動バイクなのでボクサーエンジンどころか、
そもそもエンジンでもないのですが、
その造形がしっかりボクサーエンジンのものになっています。

またLEGO(レゴ)を使って空飛ぶバイクのデザイン制作を行った時も、
しっかりボクサーエンジンは残していました。

まぁこれはたまたまベースモデルがR1200GSだったということもありますが。

このようにBMWといえばボクサーエンジンのバイク!で始まってしまった
本記事ですが、今回紹介するのは、四輪のボクサーエンジンの代名詞

SUBARU(スバル)

のエンジンを使ったバイクになります。

こちらをご覧ください!

SUBARU(スバル)WRXの2.5Lエンジンを使ったこのバイク!

凄すぎます!

前後片持ちのこだわったサスペンションはもちろん、
四輪のエンジンの流用らしく、トルクコンバーター付き2速ATとなっております。

ニュージーランドのビルダーにより、
SolidworksのCADを駆使して作られたということです。

世界中には本当に面白いビルダーさんがいるものですね。

またCADソフトも一昔前と比べると安価になっていますから、
そのような部分も、このようなとんでもないバイクを確実に早く作るということに
役立っているのだと思います。

このビルダーさんの次作に期待しましょう!




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事