Googleイチオシ記事


Ducatiの新価値モデルとして登場したDiavel(ディアベル)。

ゆっくり走る気持ち良さを唱え、どちらかというとDUCATI(ドカティ)らしくない価値表現でした。

やはりDUCATIはレーシーなイメージがありますからね。

とはいえ十分なパワーを誇るDiavel(ディアベル)ですから、
普通に速いんですけどね。

またこれまでにも様々な形のカスタムも施されてきました。

今回紹介するDiavel(ディアベル)はみんな大好きターボ仕様です!

普通に乗りやすそうなマシンだなぁ、と見ていると、
やはり怒涛のパワーを発揮している場面もあり、面白い限りです。

ご覧のように車両の右側面にはかなりの存在感を誇るターボがついています。

音も通常のDiavelとは異なるし、
おそらくライダーはもっとターボサウンドを味わっていることでしょうね。

やはりアフタービルドでターボを付けるのは世界的に人気のあるカスタムパターンですよね。

日本にも気軽に取り付けできるタービンキットが流通すると良いですね。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事