Googleイチオシ記事


TRICITY(トリシティ)リリース前後から、
フロント2輪によるLMW(リーニング・マルチ・ホイール)機構を強力に売り出しています。

賛否両論あるこの機構ですが、
革新的であると思いますし、
モデルが売れている売れていないに関わらず、
ヤマハの取り組みとしては素晴らしいモノであると思います。

TRICITY(トリシティ)は125-155ccですが、
大排気量モデルの開発も密かに行われているようです。

また3輪のモデルから始まっているこの取り組みですが、
リーンする4輪モデルに関しても検討を進めているようです。

このようにまさに様々な形でLMW(リーニング・マルチ・ホイール)の世界感を作り上げようとしている
YAMAHA(ヤマハ)ですが、今回は面白いLMWの世界観を打ち出してきました!

それがこちら!

なんとベビーカーです!

ベビーカーも2輪というわけにはいかないので、
まさにLMWの機構がぴったりかもしれません。

と、思いましたが、冷静に考えるとそれは間違いですよね。

まず今回の映像はパフォーマンス的で、
こんなに早く悪路を走りませんし、
またベビーカーが静止している時に自立できないという時点で話になりません。

LMWの素晴らしさは良くわかるのですが、
もう少し深く納得できる映像構成になっていて欲しかったですね。

まだまだこれからもLMWの世界観発信映像はあるでしょうから、
期待して待ちましょう。


ヤマハ トリシティー125 PERFECT GUIDE (Motor Magazine Mook)




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事