Googleイチオシ記事


TRIUMPH TIGER シリーズは歴史あるモデルで、実は1930年代から製造されています笑

私自身バイクを好きになったころには既に市民権を得ていて、
デュアルパーパスモデルとして、名前通りTIGER(トラ)な見た目をしておりました。

tiger

タンクに入った模様なんて完全にトラでしょ。笑

ショーでまたがった印象は足つきの悪い本格派デュアルパーパスといった感じでした。

時代は流れ、デュアルパーパスよりアドベンチャーモデルというジャンルが市民権を得てきました。

パイオニア的な存在のBMW R1200GS に対して、
立ち向かうように進化していったモデルが TRIUMPH TIGER EXPLORER です。

今回フルモデルチェンジではありませんが、電子デバイスを強化して2016モデルとなりました。

映像はこちら!

WP製セミアクティブサスペンションや、電動スクリーンが新適用されていることが映像の中でもアピールされています。

出力・トルク特性の見直し、バンク角をセンシングしてコーナリングABSとトラクションコントロールシステム。

ヒルホールドコントロール(楽チン坂道発進)なども備えています。
実は本気で購入を考えています。

例えばシャフトドライブのアドベンチャーってBMW R1200GS と TRIUMPH TIGER EXPLORERしかないのでは?

と思います。
ひねくれ者の私は素直にキングオブアドベンチャー BMW R1200GS を買えないのです笑

そして電子デバイス的にも見劣りしなくなった TIGER EXPLORER をいまこそ買ってやろう!
と思ってます。

 

でも、、、

本音は値段次第かもしれません。。笑




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事