Googleイチオシ記事


SUZUKI(スズキ)から電動レーサーらしきパテント図の公開があったとの事です。

情報元がいまいちはっきりしない為、
公式リリースなのか、誰かが作ったフェイクなのか分かりませんが、
本当だとしたら面白い話ですね。

例えばマン島TTのZEROクラスにSUZUKIが本格参戦したら、
面白く激しい戦いになるでしょうし、
ドルナも電動レースクラスを近いうちに作ると発表しています。

それでは早速パテント図を見てみましょう。

こちらです。

かなり昔のGSX-Rをベースに描かれたパテントですね。

既存の車両に対して電動化された場合の各コンポーネントの配置の仕方、
動力の取り方のパテントのように見受けられます。

SUZUKI(スズキ)がどこまで本気なのか気になるところですね。

例えばターボバイクのコンセプトをかなり前に発信していましたが、
まだ量産化に向けた具体的な動きが見えてきません。

コンセプトモデル(もしくはパテント)で世の中をワクワクさせることは大事です。

しかしながら、
各メーカーが定める厳しい開発要件をクリアし世の中に打ち出していくことの方が重要ですよね。

心躍る商品・製品をSUZUKI(スズキ)には出してほしいものです。


GSX-S KATANA伝説 (DVD付き)




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事