Googleイチオシ記事

Yamaha(ヤマハ)から得意のLMW 4輪バイクが公開!

Yamaha(ヤマハ) TRICITY(トリシティ)に始まり、これまでに様々なタイプのLMW(リーニングマルチホイール)のマシンを公開してきました。
実際に市販されているのはTRICITY(トリシティ)だけですが、非常に可能性を感じるこのLMWの世界。
2015年の東京モーターショーでは、カッコイイ3輪バイクが公開されていましたね。

以下、ヤマハ発動機からのリリースです。
MWC-4は「ハーフサイズモビリティ」というコンセプトで開発され、ヤマハが“トリシティシリーズ”で市販化したLMW(リーニング・マルチ・ホイール)の技術を4輪車に発展させ、モビリティの可能性を広げる前後2輪の4輪LMW。

パワートレーンに「発電用エンジンを備えたモータードライブ」を採用し、LMWの姿勢制御技術を受け継いだ新感覚の走行フィーリングを実現。また、内外装のデザインには「モーターサイクルと楽器からインスパイアされたスタイリング」が与えられている。


ということで、これまでのLMWと走行性能自体のコンセプトが変わることは無いのですが、
Yamaha(ヤマハ)らしいなぁと感じるのは楽器にモーターサイクルと楽器にインスパイアされたスタイリングと言う部分。

楽器というのが良いですね。

4輪LMWの研究は以前より力を入れておこなわれていたようなので、
その技術要素も盛り込まれているのかもしれません。

この四輪の領域は他社も含めてこれから盛り上がってくるジャンルかもしれません。

乗ってみると安定感と路面をつかんでいる感触がとても良いですよ!

東京モーターショー2017ではYamahaブースがアツイ!

なんといっても一番の見所はMOTOBOT Ver2.0!
2015年モデルからの進化がどれほどなのか注目です。

そして同じくロボット系マシンであるMOTOROiD!
オーナーを認識し、コミュニケーションが取れるすごいマシン!

バイク関連でワクワク夢を見れる世界!
ディズニーランドよりも素敵だと感じます笑




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事