Googleイチオシ記事


みなさんこんにちは!繁忙期で教習所が大忙しの中、ツーリング仲間であり友人でもある部下とのサシ飲みでストレス発散してきた阿部真由美です。

私の住む地域では今シーズンはとても雪が少なく、もう今すぐにでもおバイクできるんじゃないかとさえ思える陽気です!!
…が、バイクをしまった車庫前が日当たりが悪く雪だらけでバイクを出すことができず。。。
来年からはしまう場所を変えようと思います。これ去年も思ったんでした、そういえば。汗

そんなわけでまだバイクに乗れないので、今年はどこに行こうかな…と、日々そんなことばかり考えています。
今日もバイク仲間と「ツーリング初めはどこにする?!」と相談していました^_^

昨年は日帰りツーリングを基本として、仲間と一緒に・ソロで…といろんなところへ行きました。
そのなかでも強烈に私の記憶に残っているのが、真夏に千葉県の「珈琲と音楽の店 岬」さんを目的地として行ったツーリングです。
今回はその日の事を振り返ります。

この日はアクシデントだらけのツーリングでした。

ツーリングアクシデント①目的の店が休み

そもそも初めは埼玉県にあるバイク弁当で有名な大滝食堂さんを目的地として走りだしたのですが、途中赤城高原SAで休憩をとった際に調べてみたらなんと定休日だという事が判明。。。
おいおいおいおいどうするよ…もう出発しちゃったじゃん…とバイク仲間と二人で小一時間話合い。
結果、日帰りで行ける所まで行こうか!となり、急遽アクアラインを通って太平洋を見に行くプランに決定。目的地として私たちが選んだのが前記のカフェでした。

そして走り出す私たち。
埼玉県を抜け、東京へ。初めての首都高でした。交通量多い!さらに暑い!とにかく暑い!でした。

ツーリングアクシデント②渋滞に巻き込まれる&ナビが熱でダウン

ただでさえ日帰りでは余裕がないプランなのに、トータルで数時間にわたり渋滞に巻き込まれました。
地元ではまずお目にかかることのないレベルの渋滞に一瞬テンションがMAXまで上がった田舎者の私でしたがすぐに下がりました。
さらにあまりの暑さにナビがダウン。iPhoneのナビを使うも、それも熱のために明るさ制限がかかってほとんど液晶が見えなくなりました。土地勘のない我らはどこを走っていいかわからなくなり焦る焦る。。。
何度も停止してナビを確認して、でなんとか切り抜けました。

そこから渋滞天国だった東京を抜けて千葉県に入ってからはスムーズに流れていきました。
初めてのアクアライン!!海!空!どこまでもまっすぐな、海を抜ける橋。
快晴だったこともあり、感動するくらいに美しい最高の景色でした
目的地到着時刻の目安は当初のナビの案内では13:20とのことでしたが、実際到着したのは15:30でした。いやはや東京渋滞恐るべし。平日の昼間だというのに。

そしてお目当てのカフェで美味しいアイスコーヒーとトーストをいただきました。

陽も傾き始めたこの時間に千葉にいる時点でもう日帰りプランとしては何かがおかしいと思いましたが、余計なことを考えてはいけないと自分に厳しく言い聞かせて帰路へ。
朝七時前六日町発で来たのに目的地での滞在時間はなんと30分でした。

そこから再びアクアラインを通過。せっかくなので途中で海ほたるに休憩に入りました。
そして太陽が落ち始めたのでまた走りだし、再度東京へ…。

ツーリングアクシデント③首都高で渋滞再び&ドラッグスターに異変

ちょうど帰宅ラッシュにはまってしまった私たち。
またも首都高で渋滞にはまります。
それを避けて一度首都高降りたのですがまたナビに乗せられて首都高へ。乗る、降りるを繰り返した挙句、結局首都高は動かないということで一般道を使用してのルートに切り替えました。
だがしかしそこでも渋滞…。。。
四谷のトンネル内で動けなくなること数十分。
突然私の愛車がエンストしてエンジンがかからなくなりました。
無理やりかけてもすぐに止まる。発進できない。ふかすと白煙を吹きました。
クラッチレバーもなんだか戻りが悪い…変な角度で止まる…。
こんなことは初めてでした。
場所が場所なこともあって、無理無理無理無理無理無理無理!!!とギャーギャーわめいてあからさまにテンパる私。
私よりよっぽどバイクに詳しく冷静な同行者と交代し、見てもらった結果!!!

熱 ダ レ で し   た 。 死

空冷のドラッグスターは走らないと冷えません。
ただでさえ気温が高い中でこの日は何時間渋滞にハマったかもうわかりません。限界だったようです。狭いトンネル内なので避けて止めるところもない。
しかも若干の登りでもあり、300kg近くもあるドラッグスターを押して行くことはできません。一方通行なので下る方向に引き返すこともできません。
本当に最低最悪の状況でした。
ほんともう泣くかと思いましたが、最終的にはなんとかトンネルを脱出させることができました。

ちなみに同行者のバイクはへっちゃらでした。

「空冷とは違うのだよ、空冷とは!!!!!」ドーン。

…と彼が言ったような気がしますが記憶が定かではありません。
でもとりあえず休憩しつつ待つ事数十分。やっとドラちゃん復活。おめでとう。

そこから高速道路に乗り、あとは関越道をひたすら進めばもう自宅はすぐそこ。
ゴールが見えて来たなと思いつつ走行。しかしこれでは終わりませんでした。

ツーリングアクシデント④事故により関越道通行止め

まさかの、です。
乗ってしばらくすると「この先通行止め 一般道へ降りよ」という電光掲示板。
えええええええええここまで来てまだなんかあるんかい、と内心激しくツッコミが入りました。
でも仕方ありません。降ります。
通行止め区間を避けて再度関越道に戻るまでにもだいぶかかってしまいました。

こまめに休憩しながら…で1日走ってきたものの、さすがに疲れたのでとりあえず少し走ってからSAへ。
ここでかなり長めに休憩して仮眠を取りました。
もうこのままここに住みたい、ここんちの子になるううううううと妙なテンションで訳の分からない泣き言を言ってゴネるもバイク仲間に綺麗さっぱりシカトされて再度出発。
そこからは何事もありませんでした。
が、仲間と別れて自宅についたのは深夜2時過ぎでした。←日帰れてないじゃん

ドラちゃん一日お疲れ様、楽しかったよ。ありがとね、とバイクを降りて空を見上げたら、本当に降るような星空でした。
最初から最後まで、とにかく美しい景色をたくさんたくさん見ることのできた最高のツーリングでした!

もう本当に色々あり過ぎて、途中暑くてバイク捨てて電車で帰ろうかとか思ったし迷子になった時はもうこのまま東京都民になるしかないかとちょっと覚悟したし熱ダレした時は本当に半泣きになりました。
でも、全部全部楽しい思い出です!

これが四輪車なら、暑いだのトラブルがあっただのなんだのなんてただの嫌な記憶でしかないのですが、バイクはそうじゃない。
無事に帰れれば、その日起こった全てのアクシデントが大切な楽しい思い出になるんです。
バイクって、不思議。
バイクって、素敵。

だからこそ、暑いだの寒いだのメイクが崩れるだの顔が乾燥するだの髪が絡まるだの頭がぺったんこになるだの荷物積めないだの雨降ったら嫌だのとブチブチ文句を言いながらも私はバイクに乗り続けていくのだなと思います。
これからも、ずっと。
私とバイクの旅は続きます。

さあ、今年は一緒にどこへ行こうか?

さぁあとはツーリングに出かけましょう!

モーターサイクルナビゲーターにはツーリング特集が盛りだくさん!

車両を整備し、安全意識を高めて、ツーリングに出かけましょう!

インスタバイク女子 Rurikoさんもツーリングマスターです!(見てみる)




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事