Googleイチオシ記事


モーターサイクルナビゲーターを本格運用し始めてから早1年ほど経つのですが、
このような形でWebサイトをやっていると、
様々な方から色々な相談やビジネスの話やバイクの技術論に関してお問い合わせをいただきます。

先日、バイク界の今後を憂う出版業界の若き好青年から連絡をいただきました。
ダウンロード
彼の出版したmotobe(モトビー)! 若々しく、男臭くなく、なんとも清々しい♪
Webサイトと連携しており今風です♪
(詳細はコチラ)

 

メールで連絡を取り、Webサイトの連携の可能性などに関して話をした後、
まずはお会いして、何か面白い事ができないかざっくばらんに話をしてみようということになりました。

モーターサイクルナビゲーター運営陣2名

バイク界の今後を憂う出版業界の若き好青年1名(ホントは2名予定だった笑)

酒も交えながら、自己紹介もそこそこにトークスタート☆
やはり共通の趣味"バイク"があると話はギクシャクすることなくどんどん盛り上がるものです。

バイクの楽しかったこと話だけでなく、
現代の出版業界の大変さや雑誌創刊の裏話、
シンプルにWebページの育て方、
今のバイク業界への想いなど。
しかし一番熱く難しい議論だったのが

「最近の若者のバイク離れをどうしたら止められるのか??」

「若い奴らにバイクの楽しさをもっと知ってもらいたい!!」

という内容です。

まぁ私は理屈抜きでバイク大好きなんでそんな事考えてもそもそも良い案出ないかもしれませんけどね笑

議論するなかで色々な要因を出しました。

バイクがそもそも高過ぎないか?

中高年の現在のバイクのホット層とのギャップがないか?

正直、これだ!という答えは出ていないのですが、(汗)
中長期的にこの議論を続けて、
バイクが若者に、日本の世の中に好意的にアピールできることはないか、
本気で考えていこうと思った夜でした。

「なんだお前偉そうに言ってわからんのか?」

と思った方、すみません。わかりません。。。

ただ趣味の枠を少し超えて常に考えていれば、
ブレークスルーするアイディアが浮かぶこともあるかもしれません。

皆さん一緒に考えましょう。

motobe(モトビー)さんとは些細な連携から始めてみることにしました♪

今後の面白い融合に期待してください。

コメントを残す

関連キーワード
面白ネタ】の関連記事
  • MOTO GP ヤマハも新型カウルを採用!
  • MOTO GP DUCATI(ドカティ) ついに新型カウル投入!
  • 男性必見!女性バイク誌に見る「女性のバイクライフ」
  • 女性ライダーおすすめの夏ライディンググッズ5選!
  • マルケスの速さの秘訣はこのトレーニングにあった!!
  • DUCATI(ドカティ)がデザイン会社ですごくなる。。
  • ヤマハ 立ち乗り3輪バイクを開発中か?
  • ベビーカーにヤマハ トリシティの足回りでこーなる。
  • バイク王って安心?業界人が語るバイク買い取り業者の真実
  • Hondaがシモンチェリを悼みCB1100をカスタムするとこーなる!
  • BMW ボクサーエンジンに可変バルブ導入か?
  • 100円入れて動くアレにCBR600RRのエンジン積むとこーなる。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。
モーターサイクル技術
// ドローンの人気が世界中で高まり、技術開発のスピードは飛躍的に上がっています。 高性能のドローンが大きくなれば人が乗れますよ...