モーターサイクル技術

20年間で重さ10分の1になった バイク部品 を見つけました。



モーターサイクルはその歴史の中で着々と性能を上げて、
かつ軽くなってきました。

クルマもそうですが、性能をキープしながら軽量化をおこなうというのは
非常に大変なことで高度な技術が必要です。

長い期間をかけて少しずつ バイク部品 たちは軽くなっていくものです。

そんな中、20年間かけて、ある大事な部品が10分の1まで軽くなっていました。

それがこちら。

bosch-motorcycle-9

ABSモジュールです。

90年代に登場して20年間、どんどん性能を上げながら軽くなってきました。

出始めは「ABSいらない」とか「ABSない方が短く止まれる」なんて言われたり、
言っている人もいました。

今日ではまずなかなかABSにブレーキング勝負して勝てる人はいないでしょう。

コーナリングをうまく検地して、より複合的な制御もできるABSも登場しています。
みなさんの身の回りには10分の1の重さになったら搭載したいなぁなんていう バイク部品 ありますか?

技術の進歩は素晴らしく、また追いかけていておもしろいものですね。

あ、日本人の開発者もBOSCHで頑張っているようです。

日本人開発者 がすごい!ボッシュの スタビリティーコントロール !

 


関連記事

  1. DUCATI が バイク と スマホ の通信アプリ開発してます。…
  2. KAWASAKI ZR900B 公開の可能性。
  3. MOTO GP漫画「トップウGP」がスタート!
  4. マルケス RC213V でスキー場を走る!
  5. ヒュンダイ バイク のコンセプトモデルがあった!
  6. BMW 新型HP2コンセプトスケッチ公開!
  7. DUCATI 90年の歴史が詰まったMUSEUM映像が素敵!
  8. 2006北京モーターショー。 パクリがヒドイ。。。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Googleイチオシ記事

友だち追加

Googleイチオシ記事

ツーリングしよう

PAGE TOP