Googleイチオシ記事


世界中の方々を驚かせたKAWASAKI カワサキ H2/H2Rがリリースされて早2年程
過ぎようとしています。

こだわりにこだわり抜いたモデルで、
採算の程はよく分かりませんが、
間違いなくブランドイメージは向上したはずです。

そんな中、スーパーチャージャーモデルのラインナップ拡充として、
KAWASAKI Ninja R2 というH2よりも小排気量のモデルが
開発されているのでは?という噂があります。

もちろんただの噂ではなく、
パテント画のようなものがリークしています。

こちらです。

upcoming-supercharged-kawasaki-r2-supercharged-leaked-111429-7

KAWASAKI ZX-6Rを思わせるデザインとサイズ感で、
排気量を下げ、車体をコンパクトに、エンジンも軽量に、
それでいてパワフル&スポーティーといったところを目指しているのではないでしょうか。

しかしながら4輪の世界でもそうなのですが、
ダウンサイジングターボなどもうまく設計しないと、
結局小さくなったのは排気量だけで、
ターボにまつわる補機類で元のエンジンよりも重くなったり、
大きくなったりというのは良くある話なのです。

ターボ化によるネガをカバーする技術的な対策も
当然考慮されているでしょう。

Ninja R2がH2/H2Rに対してどのようなキャラクターで出てくるのか、
非常に楽しみです。

またKAWASAKI カワサキのスーパーチャージャーモデルは、
ネイキッドタイプのモデル展開も噂されています。

いずれにせよ、インターモトかEICMAでなんらかもスーパーチャージャーマシンが
リリースされることでしょう。

それと同時に、
他メーカーも過給機付モデル開発のプチブームが来るかもしれません。

個人カスタムビルドベースだと面白そうなマシンもたくさんあります。

やはり皆さんターボとかスーパーチャージャー好きなんですよね。

モーターサイクルナビゲーターの読者さんからも過給機系の記事は反響が大きいです。

KAWASAKIだけではなく、これからのモーターサイクルショーシーズンでは、
過給機付モデルに注目してみましょう。

ソース


東本昌平RIDE 91 (Motor Magazine Mook)




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事