Googleイチオシ記事


ターボモデルの登場をかなり示唆しながらも、
実際にまだターボモデルのラインナップがないSUZUKI。

公式リリースされた情報も含めて、
これまでかなりのSUZUKI ターボ情報が出てきました。

リカージョンなんかはショーモデルとして登場して以来、
もともとのモックの完成度が高かったこともありますし、
かなり市販化が期待されておりました。

最近音沙汰なしですね。

しかし、ここにきてリカージョンではなく、
GSX-Rベースでターボ化モデルを作るのではないかと
噂になっています。

その根拠となるパテント図がこちら。

gsx-r750patent gsx-rsuercharger3 gsx-rsupercharger1 gsx-rsupercharger2

モデルの全容はやはりGSX-Rそのものですね。

そしてエンジンの吸排気の図面にはターボチャージャーがはっきりと描かれています。

SUZUKIはどのような商品展開戦略を持っているのでしょうね。

出てくるパテントの割に商品が来ない。

最近時あらゆるメーカーで加熱しつつある過給機付モデル開発に対して、
量産モデルを開発する体力や経営判断はないけれど、
パテントを出して、技術的な部分で牽制、といったような狙いも(もしかすると)
考えられるかもしれません。

しかしもしそれが現実であれば、
ユーザーに喜びを与えないパテントだけを出すのは、
我々からしてみれば微妙ですね。

ここはひとつ、HONDAやYAMAHAが出来ない(もしくはやらない)
領域で一つ輝く、際立つモデルを世に出してほしいものです。

4輪でもぐらついていたりしますが、
ガンバれ! SUZUKI! スズキ!


GSX-S KATANA伝説 (DVD付き)




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事