Googleイチオシ記事


今回は私のサーキットを走るきっかけを話したいと思います(^ω^)

 初めてのサーキット

初めてサーキットに行き始めたのは、大学4年生の国家試験前、
友人からサーキット走行したこともないのに"ライセンスを取りに行こう"という順番が逆のお誘いでした。

"怖い、無理、大丈夫かな"さすがの私でも不安との戦いでした。

しかし、学生時代"遊びの天才"と異名を持つ←私は「楽しいか楽しくないか」で物事を選択してきたため、
不安の先に楽しさが待っていると思い未知の世界に足を踏み入れました。

初サーキットは大分県にあるSPA直入(現在、九州選手権などに使われているサーキットです)

ここを600ccのCBR600RRでの走行。

全身に力が入り全く走れず。

上手くなりたい! 楽しい! のめり込むことに♪

走れないことが悔しくて絶対上手くなる!と決め、また行きたい!となりました。

国家試験前ギリギリになっても、メリハリを大事にサーキット行こうと決め、
夢中になりました。サーキット前後の車中泊も大好きです(゚∀゚)

アクセルとは、ブレーキのかけ方、グリップの握り方基礎の基礎からスタート。

毎月2回走行を重ね、3ヶ月目のサーキット走行までに見た目でもわかるくらいまでは上達することが出来ました。

タイムも14秒縮めました。

(最初がどんだけ下手かわかりますね笑)

*イベント走行中の写真を頂きました。

最初はひたすら走り込み、次は1つずつ自分にないものを加えていく。

何か新しいことを始める時や挑戦する時も共通して言えることではないでしょうか。

バイクの場合は自分の成長を数字にして見ることができ、出来なかったことに対する振り返りの時間があります。

直感で走る自分には正直苦痛でした。でも、上手くなるためには好き嫌いなど関係ありません。

バイクを操るよりも排気量が大きく乗せられているようでした。いわゆる乗りこなせない(笑)

ミニバイクへの転機

サーキットの楽しさを知れたのは誘ってくれた友人のおかげです。すごく感謝してます。

もっともっとと追求していくに連れて金銭的な問題も発生し、
ある人の提案でミニバイクでのサーキット練習を始めるようになりました。

だだ単に自分の技術をあげるために、ミニバイクを購入。 NSRmini

ミニバイクを購入してから自分の人生を変える出会いや引き寄せがありました。

はっきりいってレースを夢みたのは半年間。

その間に色んな方から学び成長させられ現在も人として鍛えられてます。

バイクを通して常識も学びました← 次回の記事をお楽しみに!




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事