MOTO GP

ロッシついにYAMAHA自動運転ロボットに対面!



圧巻ですね。

YAMAHA MOTOBOT が更に進化してるようです(記事はこちらをクリック)

YAMAHA MOTOBOT が更に進化してるようです。

やりとりが少々芝居チックではあるものの、
昨年はふらふらとだだっ広いテストコースを走っていた
YAMAHAの自動運転ロボット”MOTOBOT”がもうサーキット走行しています。

映像ご覧ください。

格納式のアウトリガー良いなぁ。

ロボット感がかなり増します。

バイクの自立・自律走行。

じつは最近時かなり盛り上がっている技術です。

2017年のCESではHondaがおもしろいマシンを発表しました。

Honda CESで Riding Assist 「倒れない2輪」公開!

操舵により車両が倒れようとする方向と反対の方向に復元力を出し、
自立し続けるという仕組みです。

これは面白い!

これまでの自立型の2輪の乗り物というとジャイロをぶん回すものが一般的でした。

Apple(アップル)が倒れないバイクベンチャー LITを買収か!?

分かりやすく言うとコマの原理ですよね。

慣性を持ったモノがぶん回ると回転軸で自立するような力が生まれます。

この原理を使って、LITのマシンは床面の下に大きなジャイロが2つもぶん回っているんですね。

十分な復元力が得られるわけですが、そのエネルギーってバッテリーから取ってくるわけで、
走行する以外にもそれなりにエネルギーを使う乗り物になってしまうというわけですね。

もちろん素晴らしい技術なのですが、
やはりYAMAHAやHondaの自立・自律のさせ方は、
二輪メーカーらしいというか、二輪の車両運動性能の究極に踏み込んでいるというか、
バイク好きのツボを押さえてきます笑

しかも必死に開発をして、サーキット走行ですからね。

こりゃ、ロッシvsロボットも遠い未来ではないかも知れません。


ヤマハスポーツバイクのデザイン50年


関連記事

  1. ダカールラリー 2015 :Stage4
  2. YAMAHA 05GEN 公開!
  3. KAWASAKI Versys X 300 公開!
  4. BMW G310R の フルカウル スポーツ TVS Akula…
  5. KAWASAKI H2 製造映像 今度は溶接!!
  6. 新型DUCATI MULTISTRADA(ムルティストラーダ)1…
  7. New DUCATI Panigale 959 スクープショット…
  8. BMW G310GS 最終テスト車両をスパイショット!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Googleイチオシ記事

友だち追加

Googleイチオシ記事

ツーリングしよう

PAGE TOP