MOTO GP

MOTO GPウイングレット禁止のYAMAHAの対策



2016年シーズンは各メーカー多種多様のウイングレット装着で盛り上がりました。

特に目立っていたのはDucatiですかね。

だいぶ派手な感じになっていましたよね。

MOTO GP 2017年よりウィングレット禁止決定!(記事はこちら)

2017年シーズンからは転倒時にライダーに刺さるような危険性も考慮し、
ウイングレット禁止ということがシーズン中にアナウンスされていたわけです。

ライダーの安全性を重視したドルナの決断はかなり評価されるべきものだと思いますが、
ウイングレット自体の効果はライダーには非常に人気があったようです。

そんな中今期のテストでYAMAHAのマシンを見てみると、
やはりありました!

ウイングレットと同等の効果が期待できる新カウルです。

右側の写真がウイングレット効果を出す新カウルですね。

カウルの側面を膨らませて、そこに空気の通り道を作り、
その中にフィンを設けることでダウンフォースを発生させるという仕組みですね。

カウリング内側にあるので、鋭利にもなっておらずライダーの安全性という観点でも
しっかりと確保されていそうです。

セパンテストでこの仕様をトライしたYAMAHA。

レギュレーションにも違反しておらず、今期採用できる仕様として考えているという見解だそうです。

今回のYAMAHAのこの仕様を見て、各メーカーもカウリングの中にフィンを仕込んでくる可能性は
大いにあると思います。

開幕までまだ少し時間もあるので、
どのような各メーカー&ライダーがどのようなカウルで開幕戦を迎えるのか、
非常に興味深いですね。

ソース

このマシンを見て、往年のYAMAHAファンの方はこう言うのです。

「こんなバイクは昔にもあったよ」と。

そう88年 YZRです。

確かにカウルのサイドに空気の通り道があり、
フィンも立っています!

2017年M1とはもちろん造形が異なりますが、
大枠で良く似たデザインになっていると思います。

それにしてもついにMOTO GPの世界にも空力の良し悪しが出てきたんだなぁ、
としみじみ思っちゃいますよね。


2015MotoGP™MotoGP™クラス年間総集編 [DVD]


関連記事

  1. 小指を 骨折 マルケス !! ペドロサは??
  2. ダカールラリー2015:Stage2
  3. DUCATI(ドカティ) プロジェクト1408で約840万円のバ…
  4. YAMAHA MT-07 ライト変更やエミッション対応の可能性!…
  5. BMW R nineT Urban G/S 正式公開!
  6. KAWASAKI Versys-X 300 本格派アドベンチャー…
  7. ついにTriumphまでターボバイクでドリフト!
  8. BMWがLEGOで発想した空飛ぶバイクコンセプト公開!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Googleイチオシ記事

友だち追加

Googleイチオシ記事

ツーリングしよう

PAGE TOP