Googleイチオシ記事

EICMA(ミラノショー)でZ900RS CAFEが登場!

カワサキライムグリーンにレトロテイスト前回のビキニカウル。

鳥肌立っちゃう人もたくさんいるでしょうね。

  

東京モーターショーでついに正式公開 Kawasaki Z900RS!

東京モーターショー2017速報!
Kawasaki(カワサキ) Z900RS正式公開!
モーターショー現地でベールアウトを確認!
カスタムモデルも3台展示で豪華な限りです!
東京モーターショーのKawasaki情報速報はこちらをクリック!

気になるスペック、価格、発売時期、カラーバリエーションは?

Z900RS オレンジ

Z900RS ブラック

まずは簡易な価格比較と販売台数見込みです。

商品名  Z900RS
発売予定日  2017年12月1日
年間予定販売数  2,500台
メーカー希望小売価格※  1,296,000円(消費税込)  1,328,400円(消費税込)
カラー  メタリックスパークブラック  キャンディトーンブラウン×キャンディトーンオレンジ
オレンジカラーの方が高価な設定になっていますね。
塗装工程の違いと、もしかすると需要調整もあるのかもしれません。
2017年内に発売するというのが素敵!

2018年モデル Z900RS スペック

車名(通称名) Z900RS 一次減速比/二次減速比 1.627(83/51) / 2.800(42/15)
型式 2BL-ZR900C フレーム形式 ダイヤモンド
全長×全幅×全高 2,100mm×865mm×1,150mm 懸架方式 テレスコピック(インナーチューブ径 41mm)
軸間距離 1,470mm スイングアーム
最低地上高 130mm ホイールトラベル 120mm
シート高 800mm 140mm
キャスター/トレール 25.0°/98mm タイヤサイズ 120/70 ZR17M/C(58W)
エンジン種類/弁方式 水冷4ストローク並列4気筒/DOHC4バルブ 180/55 ZR17M/C(73W)
総排気量 948cm³ ホイールサイズ 17M/C×MT3.50
内径×行程/圧縮比 73.4mm×56.0mm/10.8:1 17M/C×MT5.50
最高出力 82kW(111PS)/8,500rpm ブレーキ形式 デュアルディスク300mm(外径)
最大トルク 98N・m(10.0kgf・m)/6,500rpm シングルディスク250mm(外径)
始動方式 セルフスターター ステアリングアングル (左/右) 35°/ 35°
点火方式 バッテリ&コイル(トランジスタ点火) 車両重量 215kg
潤滑方式 ウエットサンプ 使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
エンジンオイル容量 4.2L 燃料タンク容量 17L
燃料供給方式 フューエルインジェクション 乗車定員 2名
トランスミッション形式 常噛6段リターン 燃料消費率(km/L)※1 28.5km/L(国土交通省届出値:60km/h・定地燃費値、2名乗車時)※2
クラッチ形式 湿式多板 20.0㎞/L(WMTCモード値 クラス3-2、1名乗車時)※3
ギヤ・レシオ 1速 2.916(35/12) 最小回転半径 2.9m
2速 2.058(35/17) カラー キャンディトーンブラウン×キャンディトーンオレンジ
メタリックスパークブラック
3速 1.650(33/20) メーカー希望小売価格 (キャンディトーンブラウン×キャンディトーンオレンジ)
1,328,400円
(本体価格1,230,000円、消費税98,400円)(メタリックスパークブラック)
1,296,000円
(本体価格1,200,000円、消費税96,000円)
4速 1.409(31/22)
5速 1.222(33/27)
6速 0.966(29/30)

ベース車のZ900を踏襲しながら、変更すべき部分は変更し、しっかり作り上げてきた印象ですね。

レトロブームにKAWASAKI(カワサキ)が出した答えがZ900RS

最近時、秀逸なネイキッドモデルをリリースし、
スクランブラータイプを派生で開発する、という流れを取るメーカーが多いです。

KAWASAKI(カワサキ)に関してはZシリーズで優秀なネイキッドモデルを持っていますが、
そのレトロ派生の第一弾が今回のZ900RSということになりそうです。

W800、W650、W400とった往年のレトロモデルとは一風変わった、
オールドスタイル、レトロスタイルというよりもネオレトロスタイルネイキッドと
呼ぶのが相応しいでしょう。

Z1、Z2といったかつての栄光モデルのエッセンスを多く取り入れることになりそうです。

各コンポーネント・装備まとめ

印象的、かつ特徴的なコンポーネントや装備を簡単にまとめてみました。

Z900RS ヘッドライト

丸目ながらハイ/ロー分割含めてかなり形状に凝ったヘッドライト。

ここら辺がネオレトロの味の見せ所ですよね。

ウインカーライトもさすがにZ1のオレンジ真ん丸とはならず、新しいデザインと仕様のものを投入していますね。

クロームメッキもそれなりに使っていますが、ブラックも多用しシックにまとめているフロント周りです。

Z900RS メーター

二眼のメーターもネオレトロの重要ポイント。

フルデジタルにしてしまうとわけではなく、しっかりとタコとスピードをアナログで見せながら、二眼の間の液晶部分は可能な限り広くレイアウトし、表示情報は非常に多岐に渡ります。

時計やギヤポディションなどをしっかり反映している部分は新モデルならでは。

Z900RS エンジン

今回のZ900RSのエンジンが水冷ということで往年のZと違うじゃないか!と思ったファンも多いかもしれません。

それはその通りですが、水冷ながらエンジンの外観に非常に凝っています。

全てブラックアウトした無機質な水冷エンジンではなく、冷却フィンの造形があり、DOHCを強調する塗り分け(シルバー)部分があり、

「あー分かってるなぁ」と思わず言ってしまいそうです笑

Z900RS フロント

フロントの足回りはとてもしっかり作られています。

スポーク然とした細目のデザインのキャストホイールで、もちろんラジアルマウント、ABS搭載。

テンション・コンプレッション調整もできる倒立フォーク搭載。

往年のZファンも唸る高い安定性を発揮するしっかりとしたシャーシと言えるでしょう。

正式公開まで魅力的なメーカー公式ティザーを度々公開!

※以下、正式公開前の事前情報になります。

Z900RSのリリースが決定的なのは、
このようなメーカー公式のティザー映像の公開があるからです。

まずはご覧ください。

まだチラ見せレベルなのですが、
東京モーターショーのタイミングで公開するという事を明確に発信しています。

 

映像に関しては第二弾目も登場!

こちらです!

 

正直第一弾とラップしているような部分がかなり多いです。

ただ第一弾からコンポーネントのアップの映像が多用され、
明確になってきたこともあります。

特に驚くべくはフロント足回りの強化です。

フロントブレーキにはベース車両よりも豪華な、
ラジアルマウントのブレーキキャリパーを装備。

倒立フォークのボトムには減衰力調整バルブも備え、
こちらもやはりベースのZ900の仕様を超えるものとなっております。

かつてのビッグネイキッド ZRX1200 ダエグと比較する方、または乗換を検討する方もいるでしょうから、
部品レベルで見劣りするようにはしたくなかったのかもしれません。

ベース車両に対する価格差も気になるところですが、
コンポーネントの進化は喜ばしい事ですね。

そして、いよいよかなり素敵なカラーバリエーション予想も出てきています!

Z900RSの気になるスペックは??

以前より噂されていたスーパーチャージャーの装着は無さそうです。
これに関しては期待していただけにかなり残念。。。

やはりエンジンはZ900と共通の948cc水冷4気筒エンジンのようです。
ただKAWASAKI(カワサキ)のこだわりを強く感じるのは、
水冷エンジンでかつZ900のベースエンジンと変わらないのに、
空冷エンジンのような冷却フィンの造形を追加しているところです。
やはり往年の栄光モデルZ1,Z2のエッセンスを取り入れたいのでしょう。

この造形を無駄と考えるのか、素敵なデザインと考えるのか、
賛否両論ありそうです。

エンジンピークパワーもZ900の123馬力から110馬力に下げ、
より低中速での扱いやすさを重視したセッティングになりそうです。

フレーム及びディメンジョンに関しても基本的にZ900を流用しながら、
直進安定性向上、操舵に対して車両の動きはマイルド方向になりそうです。

レトロな外見ながら、最新装備はばっちり!

ただのZ900のレトロネイキッドモデルではなく、
しっかりと倒立フロントフォーク、LEDヘッドライト、ABS、
ウェーブディスクブレーキを装備。

随所で軽量化も施され、走りも元気であること間違いなしです!

一見オーソドックスに見える2連メーターもディティールが気になります。

やはりZ900のベース車両の骨格をうまく使いながら、
Z900RSは全く印象の異なるモデルとなることは間違いなさそうです。

これからも引き続きティザー映像も出てくるでしょうから、
目が離せないモデルになりますね。

ティザーの続編を待ちきれず、チラ見え情報で予想デザインが作られた!

10/25に公開されるというKawasaki(カワサキ) Z900RSですが、
なんと正式公開を待ちきれないメディアが、今出ているティザー映像のチラ見せデザインを
結集し、新しいデザイン予測を完成させています。

やはり往年の名車 Z1のエッセンスを強烈に感じるデザインになっています。
楽しみです。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事